小児矯正

当院で行う小児矯正治療

当院で行う小児矯正治療乳歯から永久歯に生え変わる6~10歳の頃に矯正治療を受けておくと、歯を抜かずに済んだり、矯正にかかる費用を抑えられたりなど、さまざまなメリットが得られます。だからこそ、当院ではお子さまの矯正治療に力をいれているのです。

お子さまの治療では、取り外しできる矯正装置やマウスピース型の矯正装置を使い、歯並びの改善に取り組んでいます。

私たちがご提供している小児矯正は、以下の通りです。

床矯正

床矯正歯がきれいに並ぶスペースが不足していると、歯は行き場を失い、重なりあったり、飛び出たりしてしまいます。
床矯正とは、装置により歯列を適度に拡大し、歯がきれいに並ぶためのスペースを確保する矯正方法です。
主に1次治療で使用します。

メリット

  • 歯がきれいに並ぶためのスペースを確保するため、抜歯が不要になる可能性が高くなる。
  • 乳歯列期~混合歯列期にかけて床矯正を行うことで、永久歯が正しい位置から生えてくるように促すことができる。
  • 着脱ができる装置であり、運動や楽器の演奏、お稽古事の発表会などで、一時的に取り外すことができる。
  • 他の矯正装置と比べると、比較的安価である。

デメリット

  • 着脱ができる装置であるため、お子様ご自身のご理解・ご協力が不可欠。
  • 外しっぱなしにならないように、保護者様にも注意をしていただく必要がある。
  • 症例によっては、適応外になることがある。

プレオルソ

プレオルソ青い半透明のマウスピース型の矯正装置です。歯を動かすのではなく、歯並びが悪くなる原因の1つである“舌・頬・唇の筋肉のバランスの乱れ”にアプローチすることで、間接的に歯並びを改善していきます。
装着時間は「日中の1時間+就寝中」のみです。学校に装着して行ったり、友達と遊ぶときに装着する必要がなく、お子様・保護者様のご負担が少なくて済みます。
出っ歯やデコボコ、受け口など、歯並びの乱れに応じたタイプをご用意しております。

メリット

  • 歯並びが乱れる原因にアプローチするため、歯並びが改善した後の後戻りが起こりにくい。
  • 日中の1時間+就寝中」の装着のみで効果が得られるため、お子様ご本人、また保護者様のご負担が少なくて済む。※長く装着していただくほど、より高い効果が期待できます。
  • 取り外しが可能なため、お口のケアがしやすい。また、食事もこれまで通りストレスなく摂ることができる。

デメリット

  • 取り外しができる装置であるため、お子様のご理解、保護者様のご協力が必要。
  • プレオルソのみで完璧な歯並びを目指すのは難しい。

小児矯正の流れ

1矯正相談

矯正相談お子様の歯並びが気になる方は、まずは一度ご相談ください。
矯正治療を開始するタイミングには個人差がありますが、6~7歳くらいとお考えいただければと思います。もちろん、それより早くご相談くださって、経過観察を行う形でも結構です。

2各種検査・診断

各種検査・診断歯並びの状態、顎の成長の程度などを検査します。必要に応じてレントゲン撮影を行い、診断します。
診断結果をもとに治療計画を立案し、治療方法・おおよその治療期間・費用についてのご説明をいたします。

3矯正治療前の準備(虫歯治療・ブラッシングチェックなど)

矯正治療前の準備(虫歯治療・ブラッシングチェックなど)口腔内を清潔にし、矯正期間中に痛みやトラブルが起こらないように環境を整え、ブラッシングのチェック・指導を行います。また、虫歯がある場合には、そちらを先に治療します。

4治療開始

治療開始装置を使った矯正治療を開始します。
1~2か月に1度のペースで、装置の調整などのために通院していただきます。
ご自宅で何かお気づきの点がございましたら、その都度お気軽にご連絡ください。

5歯が移動して歯並び改善後は保定期間に入ります

歯が移動して歯並び改善後は保定期間に入ります矯正装置を外した後は、リテーナー(保定装置)を使い、その歯の位置を安定させるための「保定」を行います。保定期間は、矯正装置を使用した期間と同程度必要になります。
保定期間中の通院は、治療期間中より少なくなります。おおよそ、3~6か月に1度程度です。

6保定期間終了後、定期検診に移行

保定期間終了後、定期検診に移行保定期間が終われば、矯正治療も完了です。
ただし、矯正治療によって動かした歯は、どうしても後戻りをする可能性が残ります。定期的に検診に通い、虫歯や歯周病の有無とともに、歯並びのチェックを受けましょう。

矯正装置の修理・治療期間について

矯正装置の修理・治療期間についてだいたい半年に1度装置の作り直しあるいは装置の修理が必要です。終了までに症例にもよりますが4~6個ほど装置の作り直しが必要になるケースが多いです。治療期間はその子の状態にもよりますがだいたい3~4年前後でその後のフォローは中学2年生ぐらいに7番目の歯が生えてくるまでは必要です。

当院の矯正治療は1次矯正といって7~8割程度のある程度の歯並びをゴールに設定しています。
100%に近い理想的な歯並びをご希望の方は2次矯正が必要になります。その際は成人のマウスピース矯正が必要になりますので2次矯正に移行していきます。

矯正専門医とも提携しているため、症例によっては2次矯正の段階か初めから矯正専門医の先生にご紹介させていただく場合もあります。
当院の小児矯正は5~9歳くらいがはじめる時期の限界になります。それ以降になると1次矯正でできるところまで治療後、2次矯正を行う必要が出てきます。当院での2次矯正につきましては追加で約30~80万円前後かかります。

ご相談に関してはいつでも承りますので、お気軽にお声かけください。

小児矯正の費用について

消費税込表記です。

矯正基本料(初回の装置料込み) 187,000円
追加装置料 22,000円
矯正調整料 1回につき1,800円
床矯正装置修理費用 3,600円

当院の診療システムについて

当院では、以下の手順に準じて診療を行っています。患者様のお口の状態により、初診時にご希望の治療が難しい場合もございます。

①応急処置+検査+カウンセリング

痛みがある場合は、痛みを取り除く応急処置をします。今後の治療計画を立てるために必要な検査を実施します。レントゲン写真撮影、虫歯、歯周病検査などを行い現在の状態をご説明させていただきます。

②治療+唾液検査

一番気になっている箇所の治療をまず行っていきます。唾液検査をさせていただき、検査結果に応じて治療計画、効果的な歯周病・虫歯予防に関してご提案させていただきます。

③歯周病治療

つめもの、かぶせものなどをする前に、歯ぐきの炎症を治し、歯石除去をしておかないと精密な詰め物、かぶせものができないため虫歯再発の原因となりますので、
なるべく歯周病治療を虫歯の治療と同時進行で進めていきます。

④虫歯・歯周病治療

虫歯、歯周病の治療を行っていきます。現状の治療だけにとどまらず、今後悪くならないためにも、継続的に治療を受けて頂くことが重要です。

⑤治療終了

お疲れ様でした。今後歯のメインテナンスをお受けいただき(患者様の希望、リスクに応じて1~3か月に1回の間隔)虫歯・歯周病の再発を一緒に防いでいきましょう。

⑥予防・メインテナンス

治療が終わってからがスタートです。これから歯が悪くならないように定期的に歯のメインテナンスをお受けいただきお口の健康を守っていくお手伝いをさせていただきます。

一番上に戻る
TEL:072-238-7714TEL:072-238-7714 WEB予約受付WEB予約受付