虫歯治療

痛みの少ない、できるだけ削らない虫歯治療

痛みの少ない、できるだけ削らない虫歯治療“虫歯治療は痛くて当然”と考える歯科医院は少なくありません。確かに、歯を削ったり注射を打ったりする以上、痛みや刺激をゼロにすることはできません。
しかし、その痛みをできるだけ少なくすること、ゼロに近づけるよう努力することは、私たちの工夫次第で可能です。
痛みを少なくしようと考えると、歯を削る量を最小限に留める精密な技術が求められます。当院は、そこにチャレンジします。歯を削る量を最小限に抑えることで、痛みの軽減に加えって、歯の寿命への影響を抑えることができます。
治療の痛みを抑えながら、天然歯の寿命を少しでも延ばす。これが、ふじもと歯科の虫歯治療です。

できるだけ痛くない治療

痛みの軽減においては、麻酔を行う際の工夫も有効です。
表面麻酔で歯茎を局所的に痺れさせた上で、一定の速度で麻酔液を注入できる電動麻酔器を使用することで、注射そのものの痛みも抑えます。

歯は治療を繰り返すと寿命が短くなる

歯を削って詰め物や被せ物を取り付けた歯は、たとえセラミックなどの自費の材料を使ったとしても、「完全に元通り」になるわけではありません。
一度も治療をしていない歯と比べると、確実に虫歯の再発のリスクが高まります。特に、歯を大きく削って神経を取った場合には、その後歯に栄養が行き届かず、脆くなります。
再治療を繰り返すほど、歯の寿命は短くなってしまうのです。だからこそ当院は、必要最小限の量だけを削り、痛みの軽減とともに、歯を少しでも大きく残すことに努めます。

虫歯が再発しないための予防歯科に注力しています

予防歯科に取り組んだのに虫歯になってしまうということは、現実に起こり得ます。
しかし、定期検診に通うなどして正しく予防歯科に取り組んでいたのであれば、これは“失敗”ではありません。定期検診に通っていたからこそ、早くに虫歯を発見し、早くに治療ができたのです。ダメージを最小限に抑えられた、と考えましょう。
そして、虫歯になってしまった原因を歯科医院と一緒に考え、セルフケアや生活習慣を改善します。こうして虫歯の再発を防ぐことが、お口の健康を守るために大切になります。
虫歯は、「起こるかもしれないもの」です。だからこそ当院は、治療後も引き続き、予防歯科に注力し、患者様をサポートいたします。

レーザー治療の導入

レーザー治療の導入ふじもと歯科では、レーザー治療を導入しております。
薬剤を使用しないため副作用もなく、妊娠中の方や小さなお子様でも安心です。

歯科用レーザーで行われる治療

エナメル質に穴の開いていない初期の虫歯であれば、レーザー治療によって歯を削ることなく治療できます。
その他、抜歯や手術などさまざまな場面で殺菌・止血の機能を応用することもあります。

歯科用レーザーでできること

虫歯治療

ごく初期の虫歯であれば、歯を削らずに虫歯を治すことができます。

根管治療

根管治療終了後神経の代わりにお薬をつめる際にレーザーで殺菌処置をしてから詰めることで根管の再感染を可能な限り防ぐよう努めております。

歯茎の色素除去

金属イオンが溶け込んで黒ずんだ歯茎にレーザーを照射し、歯茎の色が綺麗なピンク色になります。(保険適応外治療)
メラニン色素の除去はお痛みのでにくい薬剤による除去で行っております(ガムピーリング)(保険適応外治療)

歯周病治療

殺菌・止血の機能を応用し、歯周病治療の効果を高めます。

知覚過敏治療

レーザーを照射し、知覚過敏の症状を軽減することができます。

口内炎治療

口内炎に伴う痛みを軽減します。

外科的処置後の治癒促進

外科的処置で生じた傷の治りを早めます。

根管治療について

根管治療について根管には、神経や血管などの歯髄が詰まっています。この歯髄が虫歯菌に侵されると、激しい痛みが生じます。
そうなると、歯髄が死んでしまうのは時間の問題ですが、汚染された歯髄をそのままにして被せ物を取り付けるわけにはいきません。内側で虫歯が再発してしまうためです。
こういった場合に、歯髄を取り除いて根管を洗浄・殺菌し、薬剤を詰める治療が必要になります。これが、根管治療です。
歯髄まで虫歯菌に侵されたような重度の虫歯であっても、根管治療を行うことで、歯を残せる可能性が高まります。

当院の診療システムについて

当院では、以下の手順に準じて診療を行っています。患者様の状態により、初診時にご希望の治療が難しい場合もございます。

①応急処置+検査+カウンセリング

痛みがある場合は、痛みを取り除く応急処置をします。今後の治療計画を立てるために必要な検査を実施します。レントゲン写真撮影、虫歯、歯周病検査などを行い現在の状態をご説明させていただきます。

②治療+唾液検査

一番気になっている箇所の治療をまず行っていきます。唾液検査をさせていただき検査結果に応じて治療計画、効果的な歯周病・虫歯予防に関してご提案させていただきます。

③歯周病治療

つめもの、かぶせものなどをする前に、歯ぐきの炎症を治し、歯石除去をしておかないと精密な詰め物、かぶせものができないため虫歯再発の原因となりますので、なるべく歯周病治療を虫歯の治療と同時進行で進めていきます。

④虫歯・歯周病治療

虫歯、歯周病の治療を行っていきます。現状の治療だけにとどまらず、今後悪くならないためにも、継続的に治療を受けて頂くことが重要です。

⑤治療終了

お疲れ様でした。今後歯のメインテナンスをお受けいただき(患者様の希望、リスクに応じて1~3か月に1回の間隔)虫歯・歯周病の再発を一緒に防いでいきましょう。

⑥予防・メインテナンス

治療が終わってからがスタートです。これから歯が悪くならないように定期的に歯のメインテナンスをお受けいただきお口の健康を守っていくお手伝いをさせていただきます。

一番上に戻る
TEL:072-238-7714TEL:072-238-7714 WEB予約受付WEB予約受付