入れ歯

入れ歯の種類について

部分入れ歯

部分入れ歯支えとなる歯が残っている場合に使用する入れ歯です。
その歯に金属のバネをひっかけ、安定を得ます。

総入れ歯

総入れ歯上顎か下顎、どちらかまたは両方の歯をすべて失ってしまった場合に使用する入れ歯です。
部分入れ歯のように支えとなる歯がないため、特に下顎に総入れ歯を使用した場合には、安定感は低くなります。

当院で取り扱う入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険の入れ歯歯茎の部分も歯の部分も、すべて歯科用のプラスチックを使って作製します。部分入れ歯の場合には、金属のバネが付属します。
保険が適用されるため安価であり、修理もしやすくなっています。
強度を維持するため、ある程度の厚みが生じ、異物感にお悩みの方が少なくありません。

金属床

金属床入れ歯の“床”にあたる部分に金属を使用して作製します。保険の入れ歯と同様に、部分入れ歯の場合には金属のバネが付属します。
薄く作ることができるため、異物感が大きく抑えられます。また、金属の高い熱伝導性が手伝って、食べ物の温かさ・冷たさをしっかりと感じられ、お食事が楽しめます。フィット感や緩みにくさという点でも、保険の入れ歯よりも優れた入れ歯です。
ただし、金属アレルギーの方にはおすすめできないことがあります。
ふじもと歯科では、金属の中でも特に薄く加工することができるコバルトクロム合金の金属床をご用意しております。

保険の入れ歯・自費の入れ歯の違い

大きな違いとしては、「見た目」と「フィット感」が挙げられます。
保険が適用されるということは、材料や工程に厳しい制限があるということです。歯科用プラスチックでどこまで見た目を美しくできるかといえば、やはり限界があります。一方で自費の入れ歯であれば、材料や工程には制限がありません。人工歯にセラミックを使用するなど、見た目の美しさの追及が可能です。
フィット感という点においても、材料や工程の制限の有無で、保険と自費の入れ歯には大きな差が生じます。自費の入れ歯であれば、型取りに使用する印象材にこだわったり、入れ歯の精密性にこだわったりということが可能です。よりお口に合った、フィット感の優れた入れ歯を作ることができます。

入れ歯の費用について

保険外の入れ歯の費用一覧です。
消費税別表記です。

総入れ歯
チタン床 250,000円
コバルトクロム床 200,000円
磁性アタッチメント(維持装置) 1装置につき50,000円
プラスチック義歯 保険適用
部分入れ歯
チタン床 200,000円~250,000円
コバルトクロム床 165,000円~220,000円
磁性アタッチメント(維持装置) 1装置につき30,000円
プラスチック義歯 保険適用

当院の診療システムについて

当院では、以下の手順に準じて診療を行っています。患者様の状態により、初診時にご希望の治療が難しい場合もございます。
12.5.1. ①応急処置+検査+カウンセリング
痛みがある場合は、痛みを取り除く応急処置をします。今後の治療計画を立てるために必要な検査を実施します。レントゲン写真撮影、虫歯、歯周病検査などを行い現在の状態をご説明させていただきます。

②治療+唾液検査

一番気になっている箇所の治療をまず行っていきます。唾液検査をさせていただき検査結果に応じて治療計画、効果的な歯周病・虫歯予防に関してご提案させていただきます。

③歯周病治療

つめもの、かぶせものなどをする前に、歯ぐきの炎症を治し、歯石除去をしておかないと精密な詰め物、かぶせものができないため虫歯再発の原因となりますので、なるべく歯周病治療を虫歯の治療と同時進行で進めていきます。

④虫歯・歯周病治療

虫歯、歯周病の治療を行っていきます。現状の治療だけにとどまらず、今後悪くならないためにも、継続的に治療を受けて頂くことが重要です。

⑤治療終了

お疲れ様でした。今後歯のメインテナンスをお受けいただき(患者様の希望、リスクに応じて1~3か月に1回の間隔)虫歯・歯周病の再発を一緒に防いでいきましょう。

⑥予防・メインテナンス

治療が終わってからがスタートです。これから歯が悪くならないように定期的に歯のメインテナンスをお受けいただきお口の健康を守っていくお手伝いをさせていただきます。

一番上に戻る
TEL:072-238-7714TEL:072-238-7714 WEB予約受付WEB予約受付